本文へジャンプ

公正取引

ロッテ免税店は
公正な取引と法規制遵守のためのプログラムを従っております。

ロッテ免税店は業界のトップ企業としての社会的責任を果たし、協力会社との共同成長を実現するために、
2014年5月から公正取引自主遵守プログラム(CP)を導入・運用しております。
今後もロッテ免税店は、より公正で信頼させる企業文化を構築するために努力してまいります。

公正取引自主遵守プログラムの概念

公正取引自主遵守プログラム(CP: Compliance Program)とは、企業が公正取引関連法規正を自主的に遵守するために運用する順法システム及び行動規範を意味します。
公正取引委員会は、自主遵守プログラムを実質導入・運用する企業に違反行為があった場合、制裁の水準を一定部分軽減することで公正取引自主遵守の文化の定着を促しています。

CPの中核要素

  • 経営陣の自主遵守意志の表明

    最高経営者の公正取引自主遵守の意志を内外に表明

  • 自主遵守管理者の指定・運用

    実質的責任と権限を持つ役員レベルの自主遵守管理者の指定

  • 自習遵守便覧の作成・配布

    公正取引法規制を遵守するための事例中心の業務遂行指針の作成

  • 文書管理体制の構築

    CP関連文書管理責任者を指定、正確な最新情報を提供

  • Operation of Internal Oversight System

    違反行為予防などのための監督システムの構築及び理事会への報告

  • 教育プログラムの運営

    半期に最低2時間以上、部署の特性を考慮した差別教育

  • 法人による違反役職員の制裁

    違反の程度に比例した人事面の制裁措置などの不利益措置作り