本文へジャンプ

利用規約

販売型LDF PAY 利用規約

第1条 (目的)

本約款は、(株)ホテルロッテ免税店(以下「ロッテ免税店」といいます)が発行する 販売型LDF PAYを購入、発給した者(以下「顧客」といいます)が使用するにあたり、会員とロッテ免税店における諸権利・義務および関連諸手続きなどを規定することに目的があります。

第2条(用語の定義)

本約款において「販売型LDF PAY」とは、ロッテ免税店が発行するLDF PAYの一種であり、新型の商品券で発行され、顧客がロッテ免税店に提示または交付、その他の方法で免税品を購入する際、使用することができる決済手段をいいます。販売型LDF PAYは、定額型商品券であり、有効期間内に残高の範囲内で、使用回数に制限なく自由に使用することができます。
「顧客」とは、本約款に従いロッテ免税店で販売型LDF PAYを直接購入、またはロッテ免税店の提携先で販売型LDF PAYの交換券を購入した後、これを販売型LDF PAYに交換し、商品の代金を決済する手段として使用する者をいいます。
ロッテ免税店とは、ロッテ免税店に関連する国内外の法人((株)ホテルロッテ・ロッテ免税店、ロッテDFリテール(株)、(株)釜山ロッテホテルロッテ釜山免税店、ロッテ免税店済州(株)、 LOTTE DUTY FREE GUAM,LLC, PT.SJ INDONESIA, LOTTE DUTY FREE JAPAN Co.,Ltd., LOTTE DUTY FREE KANSAI Co.,Ltd., LOTTE DUTY FREE THAILAND Co.,Ltd., LOTTE PHU KHANH DUTY FREE Co.,Ltd. LOTTE Travel Retail Australia Pty Ltd, LOTTE Travel Retail New Zealand Limited)が運営する実店舗のロッテ免税店とロッテオンライン免税店を全て含みます。

第3条(販売型LDF PAYの発生)

ロッテ免税店は、販売型LDF PAYを発行するにあたり、次の事項を表示するものとします。
  • - 発行者
  • - 購入価格(割引が適用された場合は、割引率および割引金額)
  • - 額面価格
  • - 有効期間
  • - 使用条件
  • - 使用が可能な加盟店
  • - 返金条件および方法
  • - 支給保証または被害補償保険契約の締結に関する事項
  • - 消費者に被害が発生した場合の連絡先など
顧客の過失によって、販売型LDF PAYが他人に発行された場合、ロッテ免税店は、顧客に対し該当する販売型LDF PAYが使用されていない範囲内で訂正することができる方法を提供するものとします。
販売型LDF PAYは、他人に譲渡することができます。

第4条(有効期間)

有効期間は、発行された券種ごとに異なり、最低1年以上です。
有効期間を定めていない場合は、第9条の消滅時効期間を有効期間とします。
贈呈が完了した販売型LDF PAYについて、顧客はロッテ免税店に有効期間の延長を要請することができるものとし、特別な事由がない限り、延長申請日から1年単位で延長されます。なお、販売型LDF PAYの贈呈日を基準に、最長5年以内での延長申請が可能です。
ロッテ免税店は、有効期間が到来する7日前の通知を含め3回以上、顧客に対し、有効期間の到来、有効期間の延長可能有無と方法などを電子メールまたは携帯電話のメッセージなどの方法で通知するものとします。
ロッテ免税店実店舗で販売型LDF PAYの使用によって購入したものについて、キャンセルもしくは返品が行われる場合、有効期間が残っている販売型LDF PAYは、金額が復元されます。ただし、有効期間が切れた販売型LDF PAYは、該当する販売型LDF PAYを交換(贈呈)した日を基準に5年後に自動的に延長されます。なお、部分返品を行う際には、該当する金額を現金で払い戻すものとします。
ロッテオンライン免税店で販売型LDF PAYの使用によって購入したものについて、全体をキャンセルまたは返品が行われる場合、販売型LDF PAYの金額は復元され、部分キャンセル、部分返品を行う際には、決済手段の使用比率に応じて、LDF PAYの使用金額に該当する比率分が復元されます。ただし、復元しようとするLDF PAYの有効期間が満了した場合は、復元されることなく消滅するものとします。

第5条(販売型LDF PAYの使用および訂正、キャンセル)

販売型LDF PAYの贈呈または積立を希望される会員は、統合IDを保有しなければなりません。統合IDは、ロッテ免税店のグリーン会員、VIP会員またはロッテオンライン免税店会員に 入会するにあたり、パスポート情報(国籍、パスポート番号、生年月日)を記入された場合には、自動で生成されます。また既存VIP会員、ロッテオンライン免税店会員のうち、パスポート情報(国籍、パスワード番号、生年月日)を記入された顧客にも[2019.5.7]日付で自動的に付与されます。(ただし、既存会員のうち、一部に限られる場合があります。)
販売型LDFは、ロッテ免税店の海外支店での贈呈および使用が制限されます。
ロッテ免税店実店舗で取引する場合は、パスポートを提示し、POS照会を経て、統合IDの保有者であることを認証した後、販売型LDF PAYをご利用いただけます。ロッテオンライン免税店では、統合IDが生成されているIDでログインし、使用することができます。
ロッテ免税店実店舗における販売型LDF PAYの使用順序は、LDF PAYの差し引く順序に従うものとし、基本の差し引く順序は、カテゴリー→支店→チャンネル→使用金額の順となります。ただし、顧客による要請があった場合は、有効期間や特定のLDF PAY順にも差し引くことができます。なお、 差し引く順序は、当社のポリシーに従い変更できるものとします。
ロッテオンライン免税店における販売型LDF PAYの使用順序は、当社が定めるポリシーによる自動適用と会員による手動適用から選択して使用することができるものとします。自動適用の場合には、有効期間の早い順に差し引きます。
顧客は、有効期間内にロッテ免税店で販売型LDF PAYの金額の範囲内で、販売型LDF PAYを使用して免税品の提供を要求することができるものとします。
販売型LDF PAYの場合、残高の範囲内で使用回数の制限を持たず使用することができるものとし、使用する際には、使用金額分が差し引かれます。このとき、ロッテ免税店は、ロッテ免税店のコストで残高を使用することができるよう電子メールまたは携帯電話のメッセージの配信などの措置をとるものとします。
販売型LDF PAYが、偽造、変造、その他不正な方法で発行された場合には、残高に関係なく顧客に販売型LDF PAYの使用を制限することができるものとします。
販売型LDF PAYは、購入および返金手続きなどを円滑にするために使用することができます。
他人の情報を記入して贈呈されたLDF PAYが確認された場合、当該LDF PAYは使用不可となり、会員情報は非活性化処理するものとします。
本人の情報ではない情報を記入したことによって生じたLDF PAYの損失については、権利を主張することができないものとし、ロッテ免税店は一切その責任を負わないものとします。
本人の情報ではない情報を記入したことによって、他の顧客のLDF PAYに損失が生じた場合、ロッテ免税店は、本人確認手続きを行った後、LDF PAYを回収し、該当する会員情報を任意で削除することができるものとします。
不正に積立が行われたLDF PAYは、資格喪失の通知と同時に消滅するものとし、これに対して会員は、権利を主張することができません。また、不当利益を得た部分、すなわち不正に積立が行われたLDF PAYで商品を購入したり、サービスを利用した場合、会員本人または不正積立に関与した者は、関連する法令に従い民事・刑事上の責任を負うことになります。

第6条(販売型LDF PAYの譲渡)

会員は、販売型LDF PAYを他人に譲渡、貸与または担保の目的で利用することはできません。ただし、ロッテ免税店が認める「LDF PAYプレゼント」などの譲渡手続きに従って行う場合は、例外とします。「LDF PAYプレゼント」で、他の会員から譲渡された販売型LDF PAYは、ロッテ免税店のポリシーによって、該当する販売型LDF PAYの使用有効期間および譲渡金額の限度・回数に制限がある場合があります。この内容に対する事項は、ロッテオンライン免税店のプレゼントページにて告知するものとします。
顧客は、ロッテ免税店実店舗の贈呈デスクに直接訪問し、譲受人のパスポート番号を提示した後、譲渡する販売型LDF PAYを券種別に選択し、プレゼントすることができます。ロッテオンライン免税店では、譲渡人がログインした後、譲受人のIDまたは国籍・パスポート番号を照会し、譲渡する販売型LDF PAYを券種別に選択してプレゼントすることができます。
会員は、券種別の使用条件に基づき、販売型LDF PAYを他の会員に譲渡することができます。譲渡が完了した場合は、譲渡の取り消しができないため、販売型LDF PAYを譲り受けた会員から再譲渡していただくことになります。
会員は、券種単位で販売型LDF PAYを譲渡することができ、分割して譲渡することもできます。

第7条(返金)

顧客は、販売型LDF PAYの購入日から7日以内に、実際の購入金額(割引価格)全ての払い戻しを受けることができます。
有効期間が経過する前に、販売型LDF PAYの金額の100分の60(1万ウォン以下の販売型LDF PAYは100分の80)以上に該当する商品などの提供を受けた後、顧客が残高の返還を要求する場合、ロッテ免税店は、残高(券種の額面価格ではなく、実際の購入金額(割引価格)を基準に、使用比率に応じて計算し、残った金額)の返還に応じるものとします。
返金を要請することができる権利は、販売型LDF PAYの最終所持者にあります。ロッテ免税店は、購入者に返金する場合、一切の責任を負わないものとします。
返金は、ロッテ免税店実店舗の贈呈デスクに訪問した場合にのみ可能とし、返金申請者本人名義の口座番号を提供していただく必要があります。なお、返金のキャンセルに応じることはできません。

第8条(会員退会および販売型LDF PAYの処理)

販売型LDF PAYを保有する顧客は、該当する販売型LDF PAYの消滅時効が完成しない場合は、販売型LDF PAYの約款に従い、保有する販売型LDF PAYの返金手続きを行うか、消滅時効が完成した後に退会の手続きを行うことができるものとします。
なお、ロッテ免税店海外支店での退会申請時、販売型LDF PAYを保有する場合は、グリーンランクに変更されるものとし、販売型LDF PAYはそのまま保有することになります。
ロッテオンライン免税店にのみ入会した顧客が、譲り受けた販売型LDF PAYを保有した状態で退会を希望されるときは、販売型LDF PAYを使用するか、ロッテ免税店実店舗で払い戻しを受けた後、退会することができる旨のメッセージを案内するものとします。

第9条(消滅時効)

販売型LDF PAYを発行(交換)した日から5年が経過した時点で商法上の商事債権消滅時効が完成し、顧客は、ロッテ免税店に対し商品などの提供、払い戻しおよび残高の返還を要請することができます。
第1項の期間を算定するにあたり、販売型LDF PAYは、購入(交換)日を起点に、順次に消滅時効が完成します。

第10条(販売型LDF PAYサービスの終了)

当社のポリシー変更など、やむを得ない事情がある場合、販売型LDF PAYのサービスを終了または閉鎖することがあります。
LDF PAYサービスを終了または閉鎖する場合は、中断または閉鎖時点から少なくとも3ヶ月前に会員に通知するものとし、残りの期間には積極的にLDF PAYの使用促進活動をします。この場合、サービス終了または閉鎖基準日は会員に通知した日付とします。

第11条(支給保証など)

販売型LDF PAYの支給保証または被害補償保険契約(以下「支給保証など」といいます)は、販売型LDF PAYに記載された内容に従うものとします。

第12条(ロッテ免税店の責任)

ロッテ免税店は、販売型LDF PAYの利用と関連する顧客の権利について一切の責任を負うものとします。
データの偽造または変造などにより、顧客に被害が生じた場合は、ロッテ免税店は、顧客の被害に対して損害を賠償します。ただし、ロッテ免税店が、顧客管理を怠ったなどの責任を立証したり、天災地変などの不可抗力な事由によることを立証した場合は、この限りではありません。
顧客がロッテ免税店の提携先から販売型LDF PAYの交換券を購入した後、販売型LDF PAYに交換する前の交換券の状態では、実際の販売主体であるロッテ免税店の提携先が顧客の権利に対し、一切の責任を負うものとします。

第13条(紛争解決)

本約款と関連して、ロッテ免税店と顧客の間に発生する紛争に関する訴訟は、民事訴訟法の管轄裁判所に提起するものとします。

第14条(その他)

本約款に明示されていない事項または約款の解釈上、争いが生じた場合には、顧客とロッテ免税店の合意により決定します。なお、合意形成が難しい場合は、「約款の規制に関する法律」「電子商取引等での消費者保護に関する法律」「電子金融取引法」「電子金融取引基本約款」「電気通信基本法」「電気通信事業法」「与信専門金融法」などの関係法令および取引慣行に従います。

hot menu